愛知県再生資源団体連合会

会長あいさつ

会長写真

愛知県再生資源団体連合会は、再生資源業界の近代化、合理化を助長し、社会的、経済的地位の高揚と親睦を図る目的で昭和50年に設立しました。
古紙、鉄屑、再生繊維、びん、硝子のリサイクルを推進している業界が結集し経営及び技術の改善、また事業に関する知識の普及に努めております。環境問題への対応や循環型社会の構築が求められている昨今、ごみ減量のためのリサイクルを推進することが当連合会の役割です。
さらに社会貢献活動としてリサイクル知識の啓発事業や障害者雇用の促進にも積極的に取り組んでいく所存です。
皆さまにおかれましては、今後もリサイクルに関する分別のご理解とご協力をお願いいたします。

愛知県再生資源団体連合会  会長 石川 喜一朗

団体概要

団体名 愛知県再生資源団体連合会
所在地・連絡先 〒450-0002 名古屋市中村区名駅三丁目25番9号 堀内ビル7階
電話.052-533-2371 FAX.052-533-2372 メール:koshikyoaichi@poppy.ocn.ne.jp
代表者(会長) 石川 喜一朗
創立年 昭和50年(1975年)
会員団体
(平成27年1月1日現在)
愛知県古紙協同組合
愛知県再生繊維協同組合
愛知県鉄屑加工処理協同組合
中部びん商連合会
東海硝子原料問屋組合
目的 再生資源業界の近代化・合理化を促進して、業界の健全な発展に資するとともに、業界の社会的・経済的地位の高揚と親睦を図ることを目的としています。
事業 ・再生資源事業に係る知識の普及、調査研究、情報収集及び提供
・再生資源業界の近代化、合理化のための対策
・会員の福利厚生に関すること

沿革

昭和50年(1975年)5月17日に創立。創立当初の会員は次の11団体。

ページのトップへ